作業者

お世話になった部屋は原状復帰をする義務がある

退去時に必要不可欠な作業

空き部屋

賃貸物件を退去するときに発生するのか現状回復の工事です。入居者が全ての回復をするようなイメージもありますが、実際には過失などで汚したり傷つけた部分だけを修理する費用を支払ます。その他は貸している側の負担になります。最近では現状回復の作業にプラスアルファした小さいリフォームを行う場合も増えています。

退去する際に必要な作業

空室

トラブルを避けるためには

原状復帰とは、原状回復と同じ意味で、アパートやマンションの賃貸借契約の際に使用される言葉です。借りた部屋から退去する際、部屋を借りた時の状態にして返すことを言います。賃貸借契約は、貸主と借主双方の合意に基づいて行われるものですが、退去時にどちらがどこまで原状復帰を行うべきかについてトラブルが発生することがあります。そのため、国土交通省が一般的な基準として、ガイドラインを定めています。ガイドラインを参考にすることで、トラブルを避けることができます。借りた時の状態にする、と言っても、普通に生活している中での損傷や、経年劣化によるものなどは賃料に含まれるものとされています。入居時にどの程度の損傷があるのか、などチェックしておくことも、退去時にトラブルを避ける手段となります。

気持ちよく賃貸するため

原状復帰を巡るトラブルと言えば、借主が退去する際に、貸主から理不尽な請求を求められたというものが多いのですが、もちろん貸主が不利益を被ることもあります。入居期間が非常に短いにも関わらず、経年劣化を理由に原状復帰を拒否する場合や、ペット不可の部屋でペットを飼育していた場合など、他にも様々なトラブルがあります。そのような場合は、借主に原状復帰を行ってもらわないといけません。双方が納得でき、気持ちよく賃貸できるためにも、原状復帰は大切な作業です。無用なトラブルが起こらないよう、入居時に契約内容をしっかりと把握し、借りる場合も大切に部屋を使うことが重要です。もし、どうしても解決できないようならば、弁護士や司法書士などの専門家に依頼しましょう。

賃貸住宅の価値を維持する

工具

原状回復とは、賃貸住宅に退去者があった場合、住戸の状態を入居以前の水準に戻すことをいいます。資産価値の低下を防ぎ、次の入居者をスムーズに確保するためには欠かせない作業です。最近は専門の施工業者が全工事を一括して請け負うのが主流になっています。

アパートを出る時の工事

ヘルメット

賃貸物件を借りる時は入居契約時に敷金を支払います。これは退室する時の現状復帰工事に使われます。工事費が安ければ、余った敷金は戻ってきます。現状復帰が必要なのは故意に室内を傷つけた場合です。工事業者は退室者が自分で探すことができます。低価格でスピーディーに工事をしてくれる専門業者を頼む人が多いです。