作業員

お世話になった部屋は原状復帰をする義務がある

退去時に必要不可欠な作業

空き部屋

様々な条件があります

賃貸物件というと退去時に現状回復を行う必要があるということが一般的に認識されています。しかし実際にどのような内容なのかを知っている人は少ないということがあります。退去するときに入居者がしなければいけないこととしては故意や過失で傷やシミ等をつけてしまった部分のみです。住んでいれば当然のように劣化してくる部分については現状回復を行う必要はなく貸している側の負担です。それを知っておくことで非常に無駄のない原状回復が可能になります。内容を知っておくことは大事です。原状回復は借り主と賃貸主でそれぞれ行う内容が違うということです。最近ではしっかりと内容を把握して無駄のない負担をするということが重要になってきます。

戻す事だけではないです

現状回復は賃貸物件を撤去するときに元に戻すということを行うことをいいますが、最近ではもとに戻すだけではなくプラスアルファを行うことが多くなっています。もちろん入居者は自分が汚してしまったり傷付けてしまったりしているところだけを修復する費用のみを支払うことになります。その他の費用については貸している側が支払います。しかし、単純に現状回復をするのであれば更に新しくリニューアルをしてしまうということも多く行われるようになっています。実際に請け負う業者もプラスアルファを行っても費用的にはそれほど多くならないように料金を工夫しているところが多くなっています。もちろん現状回復の工事なので期間が限定されています。そのため短い期間で出来る内容に限られます。