作業員

お世話になった部屋は原状復帰をする義務がある

アパートを出る時の工事

ヘルメット

工事内容により敷金は戻る

賃貸アパートやマンションを借りる場合、入居契約する時に敷金を支払います。たいてい家賃の2ヶ月から3ヶ月分です。敷金というのは部屋を退居する時の現状復帰のための費用に使われます。現状復帰というのは、入居している間に部屋を汚したり傷つけたりした場合に元に戻す工事のことです。なぜ現状復帰が必要かというと、家主は次の入居者のために部屋を元通りにする必要があるからです。そのため事前に敷金として預かっておくわけです。もし入居者が部屋を奇麗に使っていて現状復帰の必要がなければ敷金は全額戻ってきます。一部の修繕で予算が余った時は、敷金から残金が戻ってきます。最近は敷金を事前に徴収しない不動産屋が増えています。その代わり退去時に現状復帰の費用を支払うことになります。

低価格で素早い対応の業者

現状復帰が必要かどうかの判断は難しいものがあります。例えば畳の日焼けなどは自然の劣化なので現状復帰の必要はないのです。壁や床なども自然の劣化の場合は修繕する必要はないのです。ただし故意に汚したり破損した場合は修繕しなくてはならないのです。現状復帰の工事をする場合、一般的には不動産屋が提携している工事業者が行います。ただし業者によって費用がかなり違うので、退室する人が自分で業者を依頼することもできます。その場合に多くの人が依頼するのが現状復帰専門の業者です。なぜ専門業者がいいかというと、低価格でスピーディーに工事をしてくれるからです。特に次の入居者が決まっている場合は素早く工事をする必要があります。そのような場合でも専門業者なら対応してくれます。